エレクトロニクス事業

自動車向け組込みソフトウェアソリューション 仮想環境

自動車に搭載するECUの品質と効率をサポート

自動車業界では、CASE(Connected:“つながる”ネットワーク接続、Autonomous:⾃動化・知能化、Shared & Services:シェアリング・サービス化、Electric :電動化)に伴う新技術が急速に進んでいます。
そのため、自動車に搭載されるECU(Electronic Control Unit)の ⾞載組込みシステム/ソフトウェア制御が複雑化・大規模化するとともに、1台の自動車に採用されるECUの数が大きく増加しており、品質の低下や開発工数の増加が⼤きな課題となっています。
当社ではこれらの課題を”ソフトウェアの標準化”=AUTOSAR、”評価工程の効率化”=仮想環境の2つのアプローチから解決していきます。

仮想環境

仮想環境とは、仮想プロトタイピング、モデルベース開発とも呼ばれ、ソフトウェア(S/W)開発を中心に、その開発の効率改善のソリューションとして知られています。当社は多数の実績をベースに、商社であるという立場から、様々なツールでのアルゴリズム・S/W開発向けの幅広い技術支援のご提案が可能です。
アルゴリズム・S/W開発向けの仮想環境の種類としては、システムレベルでのMILS/SILS領域、マイコンデバイスのS/Wレベルでの動作をするマイコンシミュレータ領域(SPILS)、ハードウェアとの高速・協調シミュレーションをするHILS領域に大きく分かれます。
その中で当社の大きな強みとして、MILS領域ADAS・移動体サービス向けの「WARXSS」、SPILS領域のマイコンシミュレータVLABをご紹介します。上記2領域以外につきましても、幅広く知見を持っておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

 - 仮想環境を利用した新たな開発環境 -

菱電商事では、仮想環境を用いた開発環境として、MILS(SILS含む)、SPILS、HILSの様々な領域でのご支援が可能です。
弊社の大きな強みとして、ADAS・移動体サービス向けの「WARXSS」、デバイスS/Wの評価が可能な「マイコンシミュレータVLAB」のご紹介させて頂きます。上記2領域以外につきましても、幅広く知見を持っておりますので、お気軽にお問合せ下さい。



 - マイコンシミュレータVLABによる自動テスト、故障注入を用いた堅牢性テストのご提案 -

  *VLABは、Australian Semiconductor Technology Company
   株式会社(ASTC社)の製品です。

■ ASTC社製マイコンシミュレータVLABを用いた先進的な開発環境のご提案

導入メリット: 
実ECUの代わりに、仮想ECU環境を構築し、製品のソフトウェアを事前評価が可能です。
菱電オリジナルのスクリプト作成ツールを経由して、自動テスト環境構築し、評価工数の削減が可能です。

■ VLABを用いた全体構成イメージ

マイコンシミュレータはお客様に合わせた仮想ECU構成(VECU)の構築が必要です。菱電商事では半導体製品の取り扱いで保有しているノウハウにてお客様ご所望のマイコンに合わせた環境の構築が可能です。
またマイコンシミュレーションの開発効率を高める故障注入・自動テスト実行スクリプトの生成ツールのご提供・委託開発が可能です。



 - バーチャル環境を利用したモビリティサービス評価環境の提供 -

モビリティサービスを安全かつ安心に社会実装を行うには様々な環境下を想定して評価検証を行う必要があります。想定する環境下で評価を行う為には実環境で行うのは難しくバーチャル環境を使って網羅的に実施する必要があります。

toTop